リースに関する知識

  1. HOME
  2. サービス紹介
  3. リースに関する知識

リースについて

リースとは、広く「賃貸借取引」のことを意味しますが、日本国内でいうリースとは、ファイナンス・リースとオペレーティング・リースに区分されます。

リース対象物件

器具及び機械装置を中心として、ほとんどの動産がリースの対象となります。ここでは、具体例についてご紹介します。

リースのメリット

導入物件に係る、煩雑な事務管理のアウトソーシングとなるリースは、お客さまのみならずメーカー・ディーラーさまにもメリットがあります。

リース契約の流れ

お客さま・販売会社さまとの信頼を大切にする東京センチュリーのリース契約の流れについて概観します。

リース会計

2008年4月1日以後開始する連結会計年度及び事業年度から適用された新リース会計基準について、その概要をお知らせします。

リース税制

リース税制におけるリース取引は、会計上のファイナンス・リース取引の定義と基本的には同じです。ここでは、リース取引をフローチャートでご説明します。

リース用語集

リース関する専門用語をわかりやすくご説明します。

リース投資減税制度

リースの利用により、資産を取得した場合と同様の税額控除の適用を受けることができます。主な投資税制についてご案内します。

お問い合わせ

サービス検索

アイアール

私たちの挑戦

賢者の選択