よくあるご質問動産総合保険について

  1. HOME
  2. よくあるご質問
  3. 動産総合保険について

当社では、リース物件に「動産総合保険」を付保していますので、お客さまの保険手続きは、いっさい必要ありません。

  • Q1
    保険の対象となるリース物件は?
  • A1

    「動産」のほとんどが、この保険の対象となります。ただし、ナンバー付の車両や船舶、航空機のほか、不動産、及びそれに類する物件(エレベーター、エスカレーター、シャッターなど)は動産総合保険でお引き受けできません。

  • Q2
    補償される損害は?
  • A2

    次に掲げる偶発的な事故が原因となってリース物件に損害が生じた時、補償の対象となります。

    • 火災
    • 盗難
    • 破損
    • 破裂・爆発
    • 落雷
    • 風水災・ひょう・雪災
    • 衝突・接触
    • 落下・転落・転覆・沈没
    • など
  • Q3
    補償の対象から除外される主な損害は?
  • A3

    次に掲げる事故によりリース物件に損害が生じた時には、保険金が支払われませんのでご注意ください。

    • 地震、噴火、またはこれらに起因する津波・火災による損害
    • 自然の消耗、または性質によるかび、さび、変色、変質、虫喰い、ねずみ喰い
    • 故意または重大な過失
    • 明らかな瑕疵
    • 戦争、変乱、テロ
    • 国または公共団体の公権力の行使(差し押え、没収など)
    • 詐欺、横領
    • 置き忘れ・紛失 ・核燃料物質の特性に起因する汚染
    • 保守不完全、製造上・性質上・設計上の欠陥により生じた事故 など
  • Q4
    保険の有効期間は?
  • A4

    リースの開始日(借受証に記載された日)から満了日までとなります。

  • Q5
    保険金額は?
  • A5

    リース物件の推定時価を保険金額としています。

  • Q6
    保険料率は?
  • A6

    東京センチュリーでは、リース物件に対して包括的に動産総合保険を付けていますので、個別に行うよりも大幅に割安となっています。

  • Q7
    保険金の受け取りは?
  • A7

    保険金は当社が受け取ります。分損事故によって、お客さまがリース物件を修理した時にはその費用に充当し、全損事故の時には規定損害金に充当します。

  • Q8
    事故発生時の手続きは?
  • A8

    事故が発生した時には、ただちに

    • 事故のあった物件名と契約番号
    • 事故の発生日時・場所
    • 事故の原因・損害の程度

    を営業担当へご連絡ください。

    関連ページ | 事業所一覧

  • Q9
    保険事故発生時の必要書類は?
  • A9

    当社所定の「保険事故発生通知書報告書」のほか、下記の書類を提出していただきます。その他にも、必要に応じてご用意いただく場合があります。

    火災事故の時は、

    • 事故物件の写真
    • 修理見積書
    • 罹災証明書(消防署発行)
    • 修理代金請求書
    • 新聞記事の写し(新聞に掲載された場合)

    盗難事故の時は、

    • 盗難証明書または盗難届出証明書(警察署発行)

    破損事故の時は、

    • 事故物件の写真
    • 修理見積書
    • 修理代金請求書

    落雷事故の時は、

    • 落雷証明書

    関連ページ | 各種届出用紙のダウンロード

お問い合わせ

サービス検索

アイアール

私たちの挑戦

賢者の選択