社会とともに従業員とともに

東京センチュリーグループでは、「活力あふれる組織」の実現を目指して、従業員一人ひとりが自分の能力を最大限に発揮できる環境を整備しています。

従業員の健康・安全

東京センチュリーは、従業員の定期健康診断の受診率向上のために、所属上長の未受診者に対する声かけや、役員会での受診状況の報告などを継続的に実施しています。その結果、当社従業員の定期健康診断受診率は2013年度の90%から向上して、2014年度に全員受診の100%を達成。以降、毎年度全員受診を継続しています(育児休業中の従業員を除く)。また、海外駐在員およびその帯同家族については、駐在先毎に必要な予防接種を行い、駐在先の衛生状態や医療水準に応じて駐在先または日本で年1~2回の健康診断を実施しています。

長時間労働の抑制とワーク・ライフ・バランス

東京センチュリーは、業務の効率化を推進し、残業時間の削減による自己啓発や家族・友人などとの充実した時間を確保するなど、ワーク・ライフ・バランスの向上に取り組んでいます。特に政府が節電を要請する夏季(7~8月)は定時退社を推進するとともに、クールビズを導入しています。また、労働基準法に基づき、労働組合と「時間外勤務および休日勤務に関する協定(36協定)」を締結しています。

家族職場訪問(ファミリーデー)の開催

東京センチュリーでは、ダイバーシティ推進の一環として、子育てをしながら働いている社員の子どもたちが夏休みに親の職場を訪問するファミリーデーを開催しています。子どもたちは、ファミリーデー用の特別な名刺を使って親の上司・同僚と名刺交換をして交流したり、○×クイズなどを通じて親の仕事への理解を深めます。またファミリーデー終了後は、社員が子どもと一緒に早帰りをすることでワーク・ライフ・バランスの意識醸成を図るなど、ファミリーデーの取り組みを通じて家族の絆を深め、社員の仕事への更なるモチベーション向上に取り組んでいます。
2017年8月2日に開催したファミリーデーには、19家族(子ども25名)が参加しました。

障がい者の雇用

東京センチュリーは、幅広い分野からの人材を求め、意欲あふれる人材に活躍の場を提供するため、障がい者の雇用にも積極的に取り組んでおり、障害者雇用促進法に定める雇用者数の基準を満たしています(2017年3月31日時点の障がい者雇用率 2.35%[単体ベース])。

お問い合わせ

サービス検索

私たちの挑戦

賢者の選択