ダイバーシティプラチナくるみんの認定

  1. HOME
  2. CSRへの取り組み
  3. ダイバーシティ
  4. プラチナくるみんの認定

東京センチュリーは、厚生労働大臣から「プラチナくるみん」認定を取得しました。

「くるみん」は、次世代育成支援対策推進法に基づき、従業員の仕事と子育てに関する行動計画を策定、両立支援への取り組みなど計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業が「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けることができるものです。当社は、「くるみん」認定を受けた企業のうち、両立支援制度の導入や利用が進み、より高い水準の取り組みを行っている企業として、「プラチナくるみん」認定を受けました。

「プラチナくるみん」認定を受け、経営方針に掲げているとおり、引き続き、多様な人材の能力と個性の積極的な発揮を促す風土を醸成し、すべての役職員が専門性を高め、成長と誇りを実感できる企業を目指してまいります。

プラチナくるみん

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

 従業員一人ひとりが能力を最大限に発揮し活躍できるよう、個々のライフステージに合わせて安心して働ける職場環境づくりを目指し、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

2017年4月1日~2019年3月31日までの2年間

2.内容

○子育てを行う従業員の職業生活と家庭生活の両立を支援するための雇用環境の整備

目標1:従業員個々の事情に合わせた勤務ができるよう、育児・介護支援制度を社内に周知するとともに利用促進する。

<対策>

●2017年4月~ 育児・介護支援制度について研修などを実施し、従業員の理解度を深める。
●2017年4月~ 社内報などで育児休業を取得した男性とその上司などの紹介を実施し、育児休業を取得しやすい職場環境づくりを目指す。

○働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備

目標2:働き方改革を推進し、従業員一人ひとりが生き生きと働ける企業風土を醸成する。

<対策>

●2017年4月~ 働き方改革・生産性の向上に資する研修を実施し、従業員の意識を醸成する。
●2017年4月~ 時間休制度を導入し、多様な働き方と、ワーク・ライフ・バランスの充実を推進する。

目標3:年次有給休暇取得を推奨し、従業員の平均有給休暇取得率を付与日数の70%以上とする。

<対策>

●2017年4月~ 有給休暇の年間カレンダーを活用し、従業員一人ひとりが有給休暇を計画的に取得できるよう推進する。
●2017年4月~ 夏期連続休暇、年末年始連続休暇に加え、あらたにプレミアムフライデーを含む金曜日に有給休暇取得を推奨する。

お問い合わせ

サービス検索

アイアール

私たちの挑戦

賢者の選択