企業情報沿革

東京センチュリー株式会社の沿革
2009年 4月 「センチュリー・リーシング・システム株式会社」と「東京リース株式会社」が合併し、社名を「東京センチュリーリース株式会社」に変更
10月 「TLCビジネスサービス株式会社」が「センチュリー・ビジネス・サービス株式会社」の事務受託部門を統合し、社名を「TCビジネスサービス株式会社」に変更
2010年 1月 「東瑞融資租賃有限公司」と「盛世利(中国)租賃有限公司」が合併し、社名を「東瑞盛世利融資租賃有限公司」に変更
4月 「東京リース管財株式会社」と「センチュリー・ビジネス・サービス株式会社」が合併し、社名を「TCエージェンシー株式会社」に変更
TCビジネス・エキスパーツ株式会社」を設立
7月 株式会社IHIファイナンスサポート」の株式66.5%を取得
2011年 2月 インドネシアに現地法人「PT. Century Tokyo Leasing Indonesia」を設立
3月 ニッポンレンタカーサービス株式会社」の株式を追加取得し、持分法適用関連会社化(2013年6月、連結子会社化)
7月 伊藤忠商事株式会社との共同出資会社「TCIファイナンス株式会社」を設立
10月 TCプロパティーソリューションズ株式会社」を設立
2012年 3月 ジェットスター・ジャパン株式会社の株式(議決権比率16.7%)を取得
8月 京セラ株式会社と発電事業会社「京セラTCLソーラー合同会社」を設立
9月 インド・タタグループと提携し、同地でリース事業を開始
12月 GA Telesis, LLC」へ出資し、持分法適用関連会社化
2013年 6月 上海にファクタリング会社「東瑞盛世利(上海)商業保理有限公司」を設立
10月 「東京オートリース株式会社」と「日本カーソリューションズ株式会社」が合併、「日本カーソリューションズ株式会社」を連結子会社化
アイルランドに現地法人「TC Aviation Capital Ireland Ltd.」を設立
2014年 4月 持分法適用関連会社である統一東京股份有限公司が、蘇州にオートリース会社「統盛融資租賃有限公司」を設立
5月 持分法適用関連会社であったタイ現地法人「TISCO Tokyo Leasing Co., Ltd.」を連結子会社化
10月 航空機リース事業を行う「TC-CIT Aviation Ireland Ltd. (現:TC Skyward Aviation Ireland Ltd.)」、「TC-CIT Aviation U.S., Inc. (現:TC Skyward Aviation U.S., Inc.)」を設立
12月 フィリピン大手銀行のBank of the Philippine Islandsのリース子会社「BPI Century Tokyo Lease & Finance Corporation(旧社名:BPI Leasing Corporation)」へ出資し、持分法適用関連会社化
2015年 2月 中国蘇州高新区政府が運営する国有企業、蘇州新区高新技術産業が設立したリース会社「蘇州高新福瑞融資租賃有限公司」へ出資し、持分法適用関連会社化
3月 CSI Leasing, Inc.」へ出資し、持分法適用関連会社化(2016年6月、連結子会社化)
日立建機グループが保有する現地販売金融子会社の株式を取得し、アセアン地域における建設機械ベンダーファイナンス事業へ参入
4月 株式会社オリエントコーポレーションとベンダーリース事業を専門とする「株式会社オリコビジネスリース」を設立
2016年 6月 「日土地アセットマネジメント株式会社」へ出資し、持分法適用関連会社化
10月 商号を「東京センチュリー株式会社」に変更
旧センチュリー・リーシング・システム株式会社 旧東京リース株式会社
1964年 8月 株式会社日本勧業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)、勧銀土地建物株式会社(現日本土地建物株式会社)、南桜商事株式会社(現日新建物株式会社)の3社の共同出資により、資本金100万円にて設立
1969年 7月 伊藤忠商事株式会社・株式会社第一銀行(現みずほフィナンシャルグループ)・日本生命保険相互会社・朝日生命保険相互会社の4社の共同出資により、資本金5億円にて設立 2月 大阪営業所を開設、その後各主要都市に支店・営業所を開設
8月 大阪営業所を開設、その後主要都市に支店、営業所等を設置
1972年 4月 「東京リース管財株式会社(現:TCエージェンシー株式会社)」を設立
1979年 3月 「東京オートリース株式会社(現:日本カーソリューションズ株式会社)」を設立
5月 シンガポールに現地法人「Tokyo Leasing(Singapore)Pte. Ltd.(現:Tokyo Century Leasing(Singapore) Pte. Ltd.)」を設立
1983年 5月 ロンドンに現地法人「Tokyo Leasing(UK)PLC」を設立
1985年 4月 「センチュリー・オート・リース株式会社」を設立 12月 米国コネチカット州に現地法人「Tokyo Leasing(U.S.A.) Inc.(現:Tokyo Century (USA) Inc.)」を設立(1994年にニューヨーク州に移転)
1990年 2月 東京証券取引所市場第二部に上場
1991年 1月 「センチュリー・エージェンシー株式会社(現:TCエージェンシー株式会社)」を設立
(2003年4月「センチュリー・ビジネス・サービス株式会社」に商号変更)
1997年 11月 台湾に合弁会社「統一東京股份有限公司」を設立
2000年 3月 「朝日オートリース株式会社」を買収
(2000年10月「センチュリー・オート・リース株式会社(現:日本カーソリューションズ株式会社)」と合併)
11月 リース管理Webシステム「Century Net(現:LINCS)」のサービス開始
2001年 5月 環境マネジメントシステム国際規格「ISO14001」の認証取得
2002年 4月 Web審査システム「Lease-N@vi」のサービス開始 9月 東京証券取引所市場第一部に上場
10月 「川鉄リース株式会社」と合併
2003年 9月 東京証券取引所市場第二部に上場
2004年 9月 東京証券取引所市場第一部に上場 6月 「TLCビジネスサービス株式会社(現:TCビジネスサービス株式会社)」を設立
7月 「東京オートリース株式会社(現:日本カーソリューションズ株式会社)」が「三共通商株式会社」と合併
2005年 3月 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)英国規格「BS7799-2」及び国内規格「ISMS認証基準Ver2.0」の認証取得(2006年3月 国際規格「ISO/IEC27001」へ移行) 2月 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS) 英国規格「BS7799-2」及び国内規格「ISMS認証基準Ver.2.0」の認証取得(2007年5月 国際規格「ISO/IEC27001」へ移行)
10月 「センチュリー・オート・リース株式会社」が「NTTオートリース株式会社」と対等合併し、「日本カーソリューションズ株式会社」が発足
2006年 3月 環境マネジメントシステム国際規格「ISO/14001」の認証取得 7月 中国上海市に現地法人「東瑞融資租賃有限公司(現:東瑞盛世利融資租賃有限公司)」を設立
10月 中国上海市に現地法人「盛世利(中国)租賃有限公司(現:東瑞盛世利融資租賃有限公司)」を設立
2007年 6月 マレーシアに現地法人「TLC Capital(Malaysia)Sdn.Bhd.(現:Tokyo Century Capital(Malaysia) Sdn. Bhd.)」を設立
2008年 1月 「資生堂リース株式会社(現:エス・ディー・エル株式会社)」の株式90%を取得
3月 「株式会社オリエントコーポレーション」との共同出資会社「株式会社オリコオートリース」を設立
7月 タイの「Mizuho Corporate Leasing (Thailand) Co., Ltd.(現:TISCO Tokyo Leasing Co., Ltd.)」の株式を追加取得し、持分法適用関連会社化(2014年5月、連結子会社化)
富士通リース株式会社」の株式を追加取得し、連結子会社化
9月 日本カーソリューションズ株式会社」が、「昭和オートレンタリース株式会社」の全株式を取得

お問い合わせ

サービス検索

アイアール

私たちの挑戦

賢者の選択