リース購入選択権付リース

  1. HOME
  2. サービス紹介
  3. リース
  4. 購入選択権付リース

リース期間満了時(またはリース期間の中途)において、
お客さまがリース物件を買取るか、
二次リースによりリース契約を継続するのかのいずれかを選択できる取引です。

メリット

設備導入当初の経費負担を軽減できます。

基本リース期間中のリース料が通常のファイナンス・リースのリース料に比べ安いため、設備導入後の投資効果が現れるまで経費を抑えることができます。

短期のリース期間が設定できます。

基本リース期間をファイナンス・リースの最短期間より短く設定することも可能なため、お客さまの希望するリース期間を設定できます。

リースのメリットを享受しつつ、リース物件を所有することができます。

リース期間中はリース料を経費処理でき、リース期間満了時(またはリース期間の中途)にはリース物件を一定の金額で買取り、資産計上することができます。

効率的な設備計画がたてられます。

リース期間満了時(またはリース期間の中途)にリース物件を買取り、お客さまの関連会社に転売することや、二次リースに移行することも可能となるため、設備の柔軟な入替えが可能となります。

留意点

リース物件の買取金額は、リース物件の耐用年数を基礎として定率法により計算されたその買取時における未償却残額に相当する金額以上で設定する必要があります。

導入事例

大阪A社(大手食品メーカー)

  • 物件

    即席麺製造ライン、乾燥機

  • 価格

    217百万円

  • 期間

    3年の購入選択権付リース

A社では工場新設の計画を持っていましたが、初期償却負担の重さに悩みを抱えていました。

そこで初期の2〜3年間は、購入した場合よりも償却負担等の経費を軽減でき、また3年経過後には、リース物件を買取るか二次リース契約を締結するかを選択できる「購入選択権付リース」を提案したところ、お客さまのニーズに合い契約に至りました。

九州B社(中堅薬品メーカー)

  • 物件

    医薬品供給装置

  • 価格

    65百万円

  • 期間

    7年の購入選択権付リース

B社は、当初、本物件についてリース利用の積極的意思はありませんでした。

しかし、(1)本設備は省力化を意図した装置であり、業況厳しい中、初期の導入経費をできるだけ抑えたい、(2)物件は比較的長期間使用に耐えうるものである、という2点が判明、自己所有可能且つ初期経費負担軽減となる「購入選択権付リース」を提案したところ契約に至りました。

お問い合わせ

サービス検索

アイアール

私たちの挑戦

賢者の選択