社会とともにお客さま・お取引先とともに

  1. HOME
  2. CSRへの取り組み
  3. 社会とともに
  4. お客さま・お取引先とともに

「お客さまの声」をもとに、商品開発・サービスの向上を進めています

お客さまの声を聴く仕組み「カスタネット」

当社では、「お客さまの声を聴く仕組み」を社内のナレッジマネジメントの中核であるSFA(※)を構築し、システム化いたしました。 このシステムによりお客さまの声を取り入れ、要望・クレーム等を全社で共有することで、最適なサービスの提供へつなげています。 「カスタネット」とは、顧客(カスタマー)との繋がり(ネット)を、打てば響く楽器のカスタネットに例え、当社オリジナルシステムのレスポンスの良さを表し、ネーミングいたしました。この仕組みを通じ、パソコン・サーバのデータ消去サービスなど新サービスの提供が開始されたほか、契約情報提供サービス(LINCS)のさらなる機能向上に努めています。

ピンチアウトで図を拡大

(※)Sales Force Automation
営業活動に必要な情報を一元管理して、営業部門を効率化するシステム

お客さまの海外進出をサポート

※中国をはじめとするアジア地域は、多くの日本企業にとっての成長市場として、ますます存在感を高めています。東京センチュリーグループは、国内事業で培ったリースおよびファイナンス全般にわたるノウハウと、海外に広がるきめ細かいネットワークを最大限に活かしながら、お客さまの海外事業戦略や海外生産拠点の構築をお手伝いしています。拠点網は年々拡充しており、現在では37の国と地域で展開しています。

最近の取り組み

グローバルベースでのITガバナンスへの取り組み

企業に高いコーポレート・ガバナンスが求められる中、資産の管理やその適正な処分も重要性を増しています。国内企業の海外進出が加速するにつれて、進出先での対応も課題になっています。当社では、お客さまのそのようなニーズに対応するため、グローバルベースでも国内と同様のサービスを提供しています。

2011年12月には世界20ヵ国以上に拠点を持つ大手IT専門リサイクル企業であるシンガポールのTES-AMM Group各社との業務提携により、IT機器の回収からリサイクル処理まで、各国のコンプライアンスに準拠し、適正に処理する体制を整えました。また、2013年6月には、当社が提供する「資産会計クラウドサービスProPlus for C-x」をお客さまの海外現地法人のナショナルスタッフが日本本社と同じ環境で入力、資産を管理できるよう多言語化対応(英語・中国語)しました。私たちは今後も海外進出するお客さまをあらゆる面からサポートしていきます。

お問い合わせ

サービス検索

アイアール

私たちの挑戦

賢者の選択