ガバナンスとリスクマネジメントリスクマネジメント

東京センチュリーは、様々な損失の危険に対して、危険の大小や発生可能性に応じ、事前に適切な対応策を準備するなどにより、損失の危険を最小限にすべく組織的な対応を以下のとおり行っています。
取締役会は、当社の適切なリスク管理を行うため、「リスク管理の基本方針」を定めています。
当社に係るリスクを全体として把握・評価し、必要に応じ定性・定量それぞれの面から、適切な対応を行うため、総合リスク管理委員会を設置し、同委員会規程に基づき、総合的なリスク管理を実施しています。リスク管理に関する体制、方法などについては、総合リスク管理委員会の審議を経て経営会議において、「総合リスク管理規程」に定めています。総合リスク管理委員会は、当社全体のリスク量やリスク管理の状況などについて、定期的および必要に応じて、経営会議、取締役会に報告しています。また、リスク管理の有効性に関して、検証・評価し、不断の見直しを行っています。

信用リスク

信用リスクについては信用リスク管理委員会を設置し、同委員会規程に基づき、基本方針を定め、信用リスクの計量、管理を行っています。また、大口案件や、新種スキーム案件などの複雑な判断を要する案件については、案件審査会議を設置し、同会議規程に基づき審査・決裁しています。

市場リスク・流動性リスク

金利変動、為替変動などの市場リスクおよび資金調達に係る流動性リスクについては、ALM委員会を設置し、同委員会規程に基づき、資金の運用と調達の総合的な管理を実施しています。

投資リスク

株式などの投資リスクについては、経営会議および取締役会において、投資方針や投資状況などの管理を行っています。

ものにかかわるリスク

不動産、船舶、航空機、自動車などの資産価値を有する物件の「ものにかかわるリスク」については、各リスク所管部にて管理するとともに総合リスク管理委員会において、リスク量やその状況などの管理を行っています。

情報セキュリティリスク

情報セキュリティリスクについては、「情報セキュリティ基本方針」「個人情報取扱規程」、ISO27001などに基づき管理を行っています。

システムリスク・事務リスク

システムリスク、事務リスクについては、IT・事務戦略委員会を設置し、同委員会規程に基づき、当社のIT戦略、IT投資、事務体制などを審議しています。

その他オペレーショナルリスク全般

その他オペレーショナルリスク全般については、総合リスク管理部がリスクの抽出・計量化、対応策の見直しなどを行うとともに、総合リスク管理委員会において、総合的な管理を実施しています。
また、大規模災害をはじめとした危機事象が発生した場合の対応体制などについては、総合リスク管理委員会の審議を経て経営会議において、「危機対策規程」および「事業継続計画規程」に定めています。

お問い合わせ

サービス検索

アイアール

私たちの挑戦

賢者の選択