環境のために環境基本方針

東京センチュリーグループは、環境問題への取り組みが社会的責務のひとつであると認識し、事業活動のあらゆる分野において、環境汚染の予防、温室効果ガスの排出削減、気候変動の緩和・適応、生物多様性および生態系の保全など環境問題に配慮し行動することで、持続可能な循環型経済社会の実現に貢献します。
また、管理体制としては、代表取締役社長を最高責任者、リスク管理部門長を環境総括責任者とする体制で、グループ会社も含めて環境マネジメントシステムを構築しています。PDCAサイクルに沿って環境のための取り組みを計画、実施、運用および点検し、取り組み状況について定期的なマネジメント·レビューを行うことで継続的に改善を進めています。

環境基本方針

東京センチュリーグループは、環境問題への取り組みが社会的責務のひとつであると認識し、事業活動のあらゆる分野において、環境汚染の予防、温室効果ガスの排出削減、気候変動の緩和・適応、生物多様性および生態系の保全など環境問題に配慮し行動することで、持続可能な循環型経済社会の実現に貢献します。

1. 事業を通じた地球環境保全

事業活動を通じ、環境に配慮した商品・サービスの企画・提供をグローバルに推進し、環境負荷の軽減、森林・海洋・水資源の保全などに配慮した取り組みを行い、地球環境保全への貢献に努めます。

2. 循環型経済社会の実現への貢献

ライフサイクルマネジメントの視点に立ち、廃棄物の発生抑制・リユース・リサイクルの推進、再生可能エネルギーへの取り組みを通じ、持続可能な循環型経済社会の実現に努めます。

3. 省資源・省エネルギー活動の推進

事業活動に伴う資源・エネルギー消費や廃棄物等の排出による環境負荷を認識し、省資源・省エネルギー活動を推進します。

4. 法令等の順守

環境に関する法令および当社グループが同意する環境上の要求事項を順守します。

5. 継続的改善への取組み

環境目的・目標を設定して、環境汚染の予防、環境保全活動および教育・普及活動に取り組み、結果を定期的に見直して、環境マネジメントシステムの継続的改善と環境情報の開示の充実に努めます。

2018年3月5日
東京センチュリー株式会社
代表取締役社長 浅田 俊一

環境活動に関する表明

持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則)

Fun to Share

東京センチュリーは、持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則)に署名しています。

Fun to Share

Fun to Share

東京センチュリーは、低炭素社会の実現に向けた 取り組み「Fun to Share」に賛同しています。

お問い合わせ

サービス検索

アイアール

私たちの挑戦

賢者の選択