環境のために環境パフォーマンス報告と環境会計

  1. HOME
  2. CSRへの取り組み
  3. 環境のために
  4. 環境パフォーマンス報告と環境会計

東京センチュリーグループは、持続的発展が可能な社会の実現のため、環境パフォーマンス報告や環境会計を通じて環境保全活動のコストと効果を正しく認識し、環境経営を推進してまいります。

環境パフォーマンス報告

当社グループは、環境負荷低減のために「環境基本方針」に基づき、ISO14001に準じた環境マネジメントシステムを導入しています。年間のCO2排出量も算出して継続的に管理し、環境経営の実践とともに持続可能な発展を目指しています。(下記の数値は当社グループの環境マネジメントシステムにおいて管理している数値です。)

環境パフォーマンス報告
環境目的 項目(単位) 2014年度
実績
2015年度
実績
2016年度
実績
増減 2017年度
目標値
電気使用量の削減 電気使用量(kWh) 1,976,525
1,870,991
1,893,603
1.21%
2,000,000
CO2排出量(t-CO2) 1,087 1,029 1,096 67 1,158
紙の使用量削減(※) OA用紙使用量(枚) 15,670,500 15,517,125 16,525,469 6.5% 17,700,000
燃費の向上 ガソリン
消費量(L)
112,138
(うちレンタカー21,945 )
106,777
(うちレンタカー24,477)
96,309
(うちレンタカー24,471)
-10,468 110,000
燃費(km/L) 13.5 13.5 13.5 - 13.5
CO2排出量(t-CO2) 258 247 225 -22 256
京セラTCLソーラー合同会社の太陽光発電事業によるCO2の削減 年間発電量(MWh) 28,098 67,011 111,487 36,331 -
同CO2削減量(t)(通常火力発電対比) 8,837 21,075 35,063 11,426 -
産業廃棄物の削減 産業廃棄物量(t) 264 248 280 32 -
有価物化重量(t) 190 151 197 46 -
有価物化比率(%) 41.8 37.8 41.3 3.5% -
リファービッシュ事業の推進 中古PCの年間販売台数(台) 250,016 233,162 272,925 39,763 -

購入枚数をA4用紙に換算(換算倍率:A3は2倍、B5は0.75倍、B4は1.5倍にて算出)。

EMS適用範囲外の国内グループ会社を含めた2016年度の電気使用量は3,129,859kWh、CO2排出量は1,811tです。
なお、当社グループでは、関係法令を順守し廃棄物の適正な廃棄管理に努めています。(生活排水以外の廃液の排出はありません。フロンガスは回収工程管理を定期的にチェックしており、現在保管中のものはありません。[2017年3月末現在])
また、環境に関する罰金や処罰によるコストは生じておりません。

中長期の取り組み
環境目的 項目(単位) 中期目標
(2019年3月末)
長期目標
電気使用量の削減 電気使用量(kWh) 2,000,000 2030年度において、本社床面積当たりの電力消費量を基準年度(2009年度)対比20%の削減(※)
年間CO2排出量(t-CO2) 1,158

当社は公益社団法人リース事業協会のリース業界における低炭素社会実行計画に参加しており、長期目標はその計画に準拠して設定しています。

環境会計

当社は、環境保全のためのコストが事業活動に与える影響を正しく把握し、より効果的・効率的な環境経営に役立てるべく、 環境会計を作成しています。(下記の数値は当社単体における数値です。)

環境会計 (2016年4月1日~2017年3月31日)
分類 取組内容 環境保全
コスト
(百万円)
環境保全効果
(年間CO2排出削減量)
(t-CO2)
(1)事業エリア内コスト 3 3
公害防止コスト
省エネルギーコスト
営業車のエコカーヘの入れ替え (3) (3)
(2) 上・下流コスト 廃棄物の処理 10 -
(3)管理活動コスト ISO14001認証の維持・管理 事務局の運営、環境CSR業務 5 -
合計<(1)+(2)+(3)> 18 3

お問い合わせ

サービス検索

アイアール

私たちの挑戦

賢者の選択