環境のために東京センチュリーグリーンボンド

  1. HOME
  2. CSRへの取り組み
  3. 環境のために
  4. 東京センチュリーグリーンボンド

当社は国内公募形式によるグリーンボンド(無担保普通社債)を発行しました。
グリーンボンドとは、企業や地方公共団体等が、グリーンプロジェクト(環境改善効果がある事業であり、再生可能エネルギー事業、省エネ建築物の建設・改修、環境汚染の防止・管理など)に要する資金を調達するために発行する債券です。
グリーンボンドの発行により資金調達手段の多様化を進めるとともに、地球環境保全と再生可能エネルギーへの取り組みを通じた持続可能な循環型経済社会の実現に努めてまいります。

グリーンボンド概要

名称 東京センチュリー株式会社第25回無担保社債(社債間限定同順位特約付)(グリーンボンド)
申込期間 2018年10月5日
払込期日 2018年10月15日
発行年限 5年
発行額 100億円
利率 0.200%
資金使途 当社子会社である「京セラTCLソーラー合同会社」が行う太陽光発電事業向け設備リース
(既存の設備購入資金のリファイナンス)
取得格付 A 株式会社格付投資情報センター(R&I)
A+ 株式会社日本格付研究所(JCR)

適格性に関する第三者評価

R&I グリーンボンドアセスメント

本グリーンボンドの適格性については、第三者評価として、株式会社格付投資情報センター(R&I)による「R&Iグリーンボンドアセスメント」において、グリーンボンド原則2018およびグリーンボンドガイドライン2017年版に適合する旨のセカンドオピニオンを取得し、最上位評価である「GA1」の評価を取得しています。

R&Iグリーンボンドアセスメント(本評価)

環境省グリーンボンド発行促進体制整備支援事業

本グリーンボンドに係る第三者評価の取得について、環境省の平成30年度グリーンボンド発行促進体制整備支援事業の補助金交付対象となっております。

グリーンボンド発行促進体制整備支援事業(環境省)

当グリーンボンドに関する投資表明

当グリーンボンドへの投資表明をしていただいた投資家をご紹介いたします。

<投資表明投資家一覧>(五十音順)

(2018年10月15日時点)

レポーティング

1. 資金充当

2018年10月15日発行の東京センチュリー株式会社第25回無担保社債(社債間限定同順位特約付)(グリーンボンド)の調達資金については、全額、対象事業のリース資産取得資金のリファイナンスに充当済です。

<主要な発電所>

千葉・山倉水上メガソーラー発電所

鳥取・米子メガソーラー発電所

宮城・黒川メガソーラー発電所

2. 環境インパクト・レポーティング

京セラTCLソーラー合同会社は2018年8月末時点で全国67ヵ所、パネル出力258.1MW分の太陽光発電事業を行っており、2017年4月から2018年3月迄の年間発電量は149,681MWh、CO2削減効果は47,075トンとなりました。

太陽光発電協会が公表する「CO2削減に関する基準」を参考に当社計算

お問い合わせ

サービス検索

アイアール

私たちの挑戦

賢者の選択