ダイバーシティキャリア形成と能力開発の支援

  1. HOME
  2. CSRへの取り組み
  3. ダイバーシティ
  4. キャリア形成と能力開発の支援

東京センチュリーは、「人材こそが財産であり、企業が持続的に成長する原動力である」と考えています。社員一人ひとりがもつ能力と個性の発揮を促すため、自発的なキャリア形成と能力開発を支援しており、年間総時間15,000時間の研修を実施しています。

若年層年次別研修

自分自身のパーソナリティの特徴や将来開発すべき能力を客観的に把握し、高めていきたいスキル・能力を上司のサポートを得ながら自らが選択し、働きがいを実感しながら、自己成長していける研修プログラムを実施しています。

管理職研修

管理職に求められる役割・知識・スキルを明確にし、人材育成・人材活用に不可欠なマネジメント能力の向上、評価者として公平・公正な評価を行うことを目的に、管理職研修を実施しています。

キャリアデザイン研修

従業員一人ひとりの職業人生を通じたキャリアについて、自らが主体となって構想・設計し、実現していくことをサポートしていくため、人事部内にキャリアデザイン室を設置しています。世代ごとに研修と面談、任意で相談ができる窓口を開設して、従業員のキャリア形成に注力しています。

グローバル人材の育成

グローバルで活躍できる人材を育成するため、通信教育、社外語学スクールへの通学、海外現地法人へのトレーニー派遣などを行っています。

能力開発の支援

通信教育受講修了者への補助金支給制度や、業務に関連する資格を取得した者への奨励金支給制度により、社員の学ぶ姿勢を応援しています。

お問い合わせ

サービス検索

アイアール

私たちの挑戦

賢者の選択