人を知る|社員紹介

情報機器というモノに
特化して営業活動を展開

湧川 千尋

Chihiro Wakugawa

情報機器第三部 2007年入社[総合職]

メーカー、ディーラーと
連携したリース営業

もともと営業志望で入社したのですが、最初の配属は経営企画部と広報IR室との兼任。この配属は少し意外に感じましたが、経営企画部で経営計画策定の一端に関わったり、広報IR室で社内報やホームページの作成を行なったりという経験は、会社全体の理解につながり、今の仕事でも様々な面で活きています。とくに、他の部署への問い合わせや確認が必要になったとき、どこの誰に聞けば良いのかがすぐ頭に思い浮かぶのは大きなメリットですよね。今の部署には入社2年目で異動となりました。この部署では情報機器を取り扱うメーカーやディーラーと連携したリース営業を行っています。つまり、エリア別ではなく物に特化した営業部隊なのです。私の仕事は、ディーラーさんと日々打合せを行なって、お客さまにとって最適な機器をリースのメリットを活かしてスムーズに導入いただけるよう考え、提案していくというものです。

メーカー、ディーラーと連携したリース営業

お客さまとディーラーの
ニーズの溝を埋める

私が担当する中で最も大きなディーラーさんは大手コンピュータメーカー系列の販売会社で、その中でもちょうど私が営業に移った頃に新設された部署を任されています。この部署は新規開拓を中心に行なっているため、お客さまとなる企業の信用判断が難しく、お互いに試行錯誤しながらビジネスを広げてきたという感じです。このディーラーさんには他のライバルリース会社も訪問して来ており、その中でいかに最初にご相談いただけるパートナーとなるかがカギ。きめ細かな訪問とスピーディーな対応で信頼していただけるよう心がけてきました。
営業として最初に手応えを感じたのは、異動して半年ほど経った頃でした。ある住宅販売会社のお客さまが業務用パソコンを入れ替えることになったのですが、費用などの条件面でなかなか折り合いがつきませんでした。でも最終的にその溝を埋める最適なリース提案ができたとき、不可能を可能にするこの仕事の醍醐味を感じました。

お客さまとディーラーのニーズの溝を埋める

物と金融の幅広い知識が必要な仕事

物の知識と金融の知識の両方が必要なことは、この仕事の難しさであり面白さだと思います。コンピュータ、サーバー、ネットワーク機器。最初はどういうものか全くわからず苦労しましたが、先輩はもちろん、メーカーやディーラーさんにも教えてもらうことで少しずつ知識が広がってきました。また、信用判断に欠かせないお客さまの財務分析も営業担当になってから勉強を始め、「企業を見る目」を養っています。自分なりに分析を加えた申請書が作成できるようになってきましたが上司の厳しいチェックが入って戻ってくることもしばしばあります。肝心なのは、いろんな角度から取り組みの可否を検討するため、お客さまやディーラーさんから、物に関する情報や、お客さまの業界に関する情報を出来る限りたくさん得ておくということと、財務知識を習得することです。情報量や知識の多さが、結果的に柔軟かつ迅速な対応につながるからです。
これからも取引先から信頼される営業担当になるために、たくさんの知識を身につけていこうと考えています。

ある1日のスケジュール

人を知る

お問い合わせ