人を知る|留学生座談会

留学生座談会 Session of International Students

留学生座談会 Session of International Students

東アジア・アセアン営業部門

李 成勇リ チェンヨン

東アジア・アセアン営業部門

国際営業第二部

樊 偉潔ファン ウェジェ

国際営業第二部

国際営業開発部

李 昌海リ チャンハイ

国際営業開発部

※所属部署名は取材当時のものです。

グローバルに事業を展開している東京センチュリーでは、
外国人留学生の採用を積極的に行っています。
そんな留学生の先輩たちが、東京センチュリーにどのような魅力を感じたのか。
そして、どんな気持ちで仕事に臨んでいるのかご紹介いたします。

東京センチュリーの

魅力

東京センチュリーにどのような魅力を感じましたか?

東アジア・アセアン営業部門李 成勇
リース会社でありながら、リース以外にも専門性の高い金融サービスや事業投資等を行っており、幅広く事業展開を行っている点に魅力を感じました。また、働く人たちが持つ情熱にも惹かれたことを覚えています。選考面接の中で実際に働いている方々とお話ししたのですが、一人ひとりからも強い意志を感じました。そんな人が多い東京センチュリーなら、きっと面白い仕事ができそうだと思いました。
国際営業第二部樊 偉潔
私はキャリア採用で東京センチュリーに入社しました。現在所属する担当部長とも個人面接を重ねていましたので、何を期待されているのかが明確だったのは良かったです。一方、元々、外資のリース会社出身だったので、風土や慣習面では少しだけ不安がありました。実は日本の会社とは馬が合わないのではないかと思っていたのです。でも、東京センチュリーなら一つの部署に縛られず幅広く仕事ができると感じ、入社を決意しました。入社後に感じたことは、営業基盤がしっかりして、仕事に対するアグレッシブさがある。そして、すべての事に対してスピーディーでした。
国際営業開発部李 昌海
私も先輩二人が感じてる魅力と近いのですが、情熱とスピード感に惹かれて入社を決めました。また、アグレッシブさやグローバルな風土にもとても魅力を感じました。働いている留学生の先輩との面談等を通じ、東京センチュリーなら外国人であっても活躍できると確信できました。

東京センチュリーの魅力

東京センチュリーは働きやすいですか?

国際営業第二部樊 偉潔
非常に働きやすいと感じます。以前在籍していた外資系企業は、すべて結果で判断されていましたが、東京センチュリーでは結果だけではなく、プロセスに関してもしっかり評価してもらえます。
東アジア・アセアン営業部門李 成勇
これは私見ですが、東京センチュリーは新入社員に対して、大きな期待を寄せています。目の前の仕事をきちんと行っていれば、少しずつ大きな仕事を任せていただけるようになるし、人を育てようとする周囲のサポートもあります。
国際営業第二部樊 偉潔
私が入社した頃は、留学生が5名ほどしかいなかったんです。それが今や倍以上にまで増えました。それだけ留学生が会社から期待されているって証ですし、周囲からの理解も深まってきたように思います。
国際営業開発部李 昌海
私も働きやすいと感じています。国籍が違えど、誰でも気軽に教えてくれますし、日本語に不安があっても研修や通信教育で勉強する機会があります。実際、入社後に2ヵ月の日本語に関する通信教育を受講しました。そのおかげで不安だった語学力に自信をもって仕事に臨むことができました。

PAGE TOP

東京センチュリーの

ビジネス

今、どんな仕事を担当しているのですか?

東アジア・アセアン営業部門李 成勇
私は、国内営業部店の東アジアを中心とした海外取引のサポート業務を行っています。最近では、海外の地場大手企業と業務提携を結ぶ際の手続きや交渉を主に行っています。特に業務提携はかなりスピーディーな業務が求められるので、スケジュール管理が非常に大事になります。
国際営業第二部樊 偉潔
私が担当しているのは海外ベンダー向けの営業です。具体的には、李 成勇さん達が締結した業務提携先と共に、業務拡大を図っていくチームになります。かなり広い範囲で協業を交渉していくことになりますが、それぞれの協業先と緻密なミーティングを重ね、拠点の立ち上げまで見守っていく仕事です。
国際営業開発部李 昌海
私が担当しているのは、中国の現地法人と協力して、日系企業が中国国内で製品販売を促進出来るように、金融面で支援する業務を手掛けています。例えば、東京センチュリーが得意としているリースやファイナンスに、当社独自のサービスを付与することにより、中国国内のニーズに合わせたカタチにすることです。

東京センチュリーのビジネス

どんな所にやりがいを感じますか?

国際営業開発部李 昌海
こうやって会社のホームページなどに掲載させてもらえるのはやりがいになります(笑)。また、先輩や上司に相談すれば、自分の考えに基づいて仕事を進めることが出来るのも非常に嬉しいです。
東アジア・アセアン営業部門李 成勇
私の場合は、携わっている仕事が新聞に掲載された事ですね。あれは大きな達成感を味わえました。先輩方もお祝い会を開催してくださったので、とても嬉しかったです。あの時のお酒は美味しかったなあ(笑)。
国際営業第二部樊 偉潔
東京センチュリーには誰かのサポートをする文化が根付いている気がします。私自身、関わった人が良い方向に成長してくれると非常に嬉しく思います。逆に私の成長感をまわりの方々は自分事のように喜んでくれますね。仕事へのモチベーションにもなりますし、やりがいも非常に大きいです。

PAGE TOP

東京センチュリーの

グローバル化

外国人だから特別扱い等の雰囲気なんでしょうか?

東アジア・アセアン営業部門李 成勇
その点はまったく心配しなくて大丈夫です。日本人も外国人も関係なく、大きな仕事が任されています。知識、経験、やる気があれば外国人の方でも非常にやりがいのある仕事ができると思います。
国際営業開発部李 昌海
数年前に比べて海外拠点数も増加し、より外国人の活躍の場が増えています。海外と国内のパイプ役としてもそうですし、ワールドワイドな考え方を持っているのは私たちの強みなので、色々な局面で頼られていると実感しています。
国際営業第二部樊 偉潔
私もそう思います。一つのことだけではなく、色々な仕事に携われる。それが魅力だしやりがいになっています。仕事の幅が広がりますし、知識がどんどん身についていると実感できますね。

東京センチュリーのグローバル化

皆さんの目標を聞かせてください。

東アジア・アセアン営業部門李 成勇
今後は、東アジア以外にも目を向けて、新たな拠点の立ち上げを行ってみたいと思っています。できれば、そこを統括するような立場になりたいですね。色々な国で、地場の大手企業を探して、共に合弁会社をつくる。そうやって世界中の企業とビジネスができればいいと思っています。せっかくグローバル企業で働いているのですから、枠はつくらず自由に世界中へ羽ばたいていきたいと考えています。
国際営業開発部李 昌海
まだ入社して間もないので、まずは業務内容をきちんと理解して早く一人前になること。先輩社員と一緒に仕事を行い、先輩方に肩を並べるのが目標です。その後は、母国以外の東南アジア地域に行き、パートナー関係を構築していきたいという夢があります。先輩方を見ていると、やはり一手先や二手先を読んで行動しているように思います。そういった先輩方に遅れを取らず、前に進んでいきたいと思っています。
国際営業第二部樊 偉潔
私の母国では女性が働くのが当たり前です。だから私も、日本であろうがどこでも生涯働き続けていきたいと思っています。そして次の目標は管理職です。東京センチュリーなら、男女関係なく管理職を目指せるので頑張りたいと思います。

就職活動中の学生にメッセージをお願いします。

東アジア・アセアン営業部門李 成勇
最近は、日本企業の多くがグローバルにビジネスを行っています。そのため、外国人留学生にとって日本企業は狭き門ではなくなったように思います。ただ、やはり内定を得ることは楽なことではありません。しっかりと自分のいい所をアピールして、いつも通りの自分で面接に臨んでください。違う国で就活しているとストレスを感じると思いますが頑張ってください!
国際営業開発部李 昌海
語学力と柔軟な発想力。その二つの能力が必要だと思います。また母国以外で生活して得た経験がとても大事になりますその経験を活かし、日本人と外国人、どちらの立場でも意見できる旨をアピールしていけば、きっと内定を得られると思います。
国際営業第二部樊 偉潔
自分がどんな人間になりたいのかを考えるのが一番大事です。新卒の段階ではまだ定まっていないのが普通ですが、ざっくりと自分の歩みたい道を直感に従って考えてみてください。そして、そこに向かって、今何をすべき考えることが重要だと思います。

東京センチュリーのグローバル化

人を知る

お問い合わせ