個人投資家のみなさまへ東京センチュリーの強み

  1. HOME
  2. 投資家情報
  3. 個人投資家のみなさまへ
  4. 東京センチュリーの強み

東京センチュリーの強み

東京センチュリーグループの強みは、これまで培ってきた実績とノウハウ、そして、国内外のトップ企業との強力なネットワークを有していることです。東京センチュリーのサービス提供力とパートナー企業のネットワークや商品力を掛け合わせることで、お客さまのニーズを的確に捉えた、更なる価値を創出しています。

グループネットワーク

グループネットワーク

ピンチアウトで図を拡大

国内リース事業分野の強み

会社設立時から展開してきた国内のリース事業は、他の事業分野を含む当社ビジネスのプラットフォームとなっており、国内の取引社数は約25,000社に上ります。
主要株主であるみずほグループや伊藤忠商事グループの持つネットワークをベースとして拡大してきた国内リース事業分野は、情報通信機器の取扱いにおいて高いシェア、強みを持つほか、工場設備・機械、商業設備、建設機械、事務用機器などあらゆる物件について、リース・割賦を中心とした金融サービスを提供することにより、幅広くお客さまのニーズにお応えしています。
また、富士通(株)、(株)IHIのファイナンス子会社を当社の傘下に置くほか、多くのメーカー・ディーラーさまと協業することにより、お客さまの多様なニーズに柔軟に対応するファイナンスプログラムを組成・提供しています。

国内リース市場シェア

2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
1位 三井住友ファイナンス&リース
12.4%
三井住友ファイナンス&リース
12.8%
三井住友ファイナンス&リース
13.8%
三井住友ファイナンス&リース
15.9%
2位 東京センチュリー
11.9%
オリックス
12.1%
東京センチュリー
12.7%
東京センチュリー
12.7%
3位 三菱UFJリース
11.5%
東京センチュリー
11.8%
三菱UFJリース
11.8%
三菱UFJリース
11.5%

出所:日本経済新聞社発表数値

民間設備投資額とリース設備投資額の推移

民間設備投資額とリース設備投資額の推移

ピンチアウトで図を拡大

出所:公益社団法人リース事業協会(2017年6月8日時点)

スペシャルティ事業分野の強み

スペシャルティ事業分野は、当社グループにおいて最も成長性の高い事業分野であり、グローバル市場を開拓し、新たな成長機会を取り込んでいます。市場の成長著しい航空機ビジネスや、注目を集める太陽光発電事業などに注力するとともに、高度な専門知識を駆使し、船舶、不動産、ストラクチャード・ファイナンス、医療・福祉分野において金融・サービスを提供しています。

  • 船舶

    ばら積船、自動車船、コンテナ船、タンカー更には洋上風力発電設備設置船、オフショア船などエネルギー関係の多彩なプロダクツを展開

    コアパートナーとの連携による新たなビジネスを創出

  • 航空機

    新造機・中古機・エンジン・パーツまで、航空機に関わるライフサイクルマネジメントを実現し、航空機事業を積極的に推進

    投資家・金融機関と共同で航空機リースアレンジ業務にも注力

  • 環境・エネルギー

    総額2,000億円規模の実現可能なパイプラインを確保

    京セラ(株)との合并事業をはじめ、国内で多数の太陽光発電事業を実現

  • 不動産

    優良パートナーとともに良質な資産を積み上げ

    案件出口において、専門知識・ノウハウの活用による収益の極大化を実現

国内オート事業分野の強み

日本国内では、自動車の普及・発展が進み、「所有から使用へ」と社会全体の自動車に対するニーズが変化しつつあります。当社グループでは、この時代のニーズに応えるべく、法人・個人向けオートリースからレンタカー事業までをバランスよく事業展開しており、業界トップクラスの体制を確立しています。現在、グループにおける車両管理台数は、国内業界トップクラスとなる約60万台となっています。

日本カーソリューションズ(株)、(株)オリコオートリース、ニッポンレンタカーサービス(株)の3社合計

当社グループのオート事業会社

当社グループのオート事業会社

ピンチアウトで図を拡大

オートリース・レンタカー・所有の主な違い

オートリース レンタカー 所有
(オートローン利用含む)
使用目的 計画的使用・継続的使用 一時的使用・短期集中使用 長期に継続的に使用
賃貸借
契約期間
長期(年単位)
※中途解約は原則不可
短期
(時間・日・週・月)
オートローン契約は長期
※繰り上げ返済可能
ユーザー 特定のお客さま 不特定多数のお客さま 特定(所有者)
ナンバー
プレート
所有車両と区別なし 「わ」または「れ」
ナンバー
(通常所有車両)
車種選択 お客さまの
希望車種を調達
レンタカー会社の保有車両から選択 希望車種を購入
車検・メンテナンス・
諸税・保険手続き
費用支払い
原則、リース会社にて対応
契約内容により月額リース料に含まれる
レンタカー会社にて対応
レンタル料に含まれる
購入者自身で対応
都度費用発生

国際事業分野の強み

国際事業分野は、2009年4月の合併時からの8年間で営業資産残高を約5倍まで積み上げるなど、東アジア・アセアンを中心に大きな成果を挙げてきました。2016年6月には米国の大手独立系リース会社であるCSIリーシング社(以下、CSI社)を連結子会社化し、米国、中南米、欧州に強いCSI社のプラットフォームを組み入れ、グローバルネットワークを一層強固なものとしました。このグローバルネットワークを活用し、本社および営業拠点との緊密な連携による様々なニーズにお応えできるビジネスモデルこそが国際事業分野の強みです。更に、当社グループでは地場優良企業とのアライアンスを構築するとともに、グローバル・日系ベンダーとのパートナーシップを拡大しており、成長するアジア・米国市場を中心に高い収益性が望める、現地非日系企業との取引を拡大しています。

国際事業分野におけるビジネスモデル

国際事業分野の強み

ピンチアウトで図を拡大

お問い合わせ

サービス検索

アイアール

私たちの挑戦

賢者の選択