CSRトピックス環境活動

  1. HOME
  2. サステナビリティへの取り組み
  3. CSRトピックス
  4. 環境活動
  5. シンガポール現地法人が自然保護のボランティア活動に参加しました

2019.11.01 | 環境活動

シンガポール現地法人が自然保護のボランティア活動に参加しました

東京センチュリーのシンガポール現地法人であるTokyo Century Leasing (Singapore) Pte. Ltd. とTC Asia(Singapore) Pte. Ltd. は、Pulau Ubin (ウビン島)で自然保護のボランティア活動を行いました。

ウビン島の南に位置するバタフライヒルには、蝶を保護するため、餌となる植物が植えられるなど環境が整備されており、絶滅危惧種を含めた約50種類の原生の蝶が集まります。

 

当日はシンガポール政府のレンジャーによる指導のもと、「Invasive Species Management」といわれる蝶の餌となる植物を保護するための活動を行いました。具体的には餌となる植物の成長を妨げる「A Mile A Minute」と呼ばれる植物の間引き(草むしり)の他、つる性植物の排除、ゴミ拾いなどの清掃活動を行いました。

 

ウビン島では、今の現役世代が子どもたちに自然を残すことを目的としてこのような活動が継続的に行われています。当日は30℃を超える炎天下でしたが、スタッフ全員が約2時間に渡って除草作業に取り組みました。

お問い合わせ

サービス検索

株主優待

私たちの挑戦

賢者の選択